ホーム |  ログイン
お位牌全国通販「お位牌本舗」通販価格で格安にご提供
文字入れ無料。送料無料。

お位牌について

お位牌

故人にふさわしいお位牌選び

お位牌は、大切だった亡き人そのものです。
手を合わせておまいりする度に、生前の笑顔が目に浮かんできます。
ある時にはあなたの悲しみと共にあり、ある時にはあなたの喜びと共にあるのがお位牌です。
故人にふさわしいものをお選びいただき、逮夜、もしくは四十九日までにご準備して下さいますようお勧めいたします。

白木の位牌と本位牌

お仏壇に安置される位牌は、本位牌と呼ばれ、黒漆塗りの塗り位牌やタメ色漆塗の塗り位牌と黒檀・紫檀の唐木位牌などがあります。
白木の塗り位牌は、葬儀の際に用いる野辺送り用の仮の位牌です。四十九日までには、故人の霊はまだ行き先が定まらず、さまよっていると考えられており、遺骨、遺影と一緒にあと飾りの祭壇にまつられているのが白木の位牌です。

そして、四十九日が過ぎると成仏して、苦しみのない浄土に行くことができると考えられており、成仏した証として、本位牌に作り変えて仏壇に安置します。
僧侶は、逮夜か四十九日の法要の時に白木位牌から魂を抜いて本位牌に魂を入れてくださいます。このことを「お性根入れ」、「開眼供養」、「御魂入れ」などと言われております。
白木位牌は、菩提寺に納めますので仏壇におまつりするのは本位牌のほうです。


お位牌

お位牌選びで迷わないために

あなたにピッタリのお位牌選び

         

宗派によって決まりがありますか?

故人の方に一番ふさわしいものを、お選び下さい。
位牌の形は、様々なものがありますが、宗派によって決まりがあるわけではありません。

男性と女性ではちがいますか?

違いはありません。中には、亡くなられた方が女性の場合は、花の蒔絵(まきえ)を描き入れた蒔絵(まきえ)位牌や溜色(ためいろ)位牌のように優しい色や形のものをお選びになられる方もいらっしゃいます。

地域によって違いますか

東日本・北日本では「東型位牌」や「唐木位牌」をお選びになられる方が多く、西日本では「京型位牌」が占める割合が多いようです。近畿・東海地方では、京型位牌が特に多く選ばれています。

住宅・部屋の雰囲気に合ったお位牌を選びたいのですが

現代の生活スタイルに合わせたお位牌選びを提案いたします。
お位牌本舗では、伝統のデザインはもちろんのこと、現代の生活様式に合わせて、また、お仏壇に合わせてお好みのデザインを選ぶことができるように豊富な品揃えをしております。

お位牌の種類は

木地に漆を塗った「塗り位牌」と黒檀・紫檀でできた「唐木位牌」があります。
それらに蒔絵をほどこしたものを「蒔絵位牌」と呼びます。 形は、東型(あずまがた)と京型(きょうがた)、最近では新しい感覚の「モダン位牌」「創作位牌」も作られています。 また、「会津位牌」「高野位牌」「輪島上塗位牌」「名古屋位牌」などの生産地が有名です。

戒名の書体は選べますか

お位牌本舗では、彫り文字用に「標準書体(楷書体)」と「手彫り風書体」を、書き文字用に「合掌書体(楷書)」をご用意しております。
標準書体 手彫り書体

お位牌につけられている名前は?

ほとんどの位牌は、台座の形や塗りの種類に名前が付けられています。
塗り位牌には東型位牌と京型位牌があります。
■東型
春日(かすが)・蓮付春日(れんつきかすが)・勝美(かつみ)・角切(すみきり)・上等猫丸(じょうとうねこまる)など
■京型位牌
京中台(きょうちゅうだい)・千倉座(ちくらざ)・京千倉面粉(きょうちくらめんふん)・櫛形五重座三方金(くしがたごじゅうざさんぽうきん)・千倉座三方金(ちくらざさんぽうきん)・上京千倉吹蓮華面粉(じょうきょうちくらふきれんげめんふん)など
■唐木位牌
黒檀春日(こくたんかすが)・黒檀蓮華付春日(こくたんれんげつきかすが)・紫檀勝美(したんかつみ)・黒檀上等猫丸(こくたんじょうとうねこまる)などがあります。

塗りの種類はどう違いますか?

会津塗りを例にとりますと、「呂色(ろいろ)仕上げ」「上塗り(じょうぬり)仕上げ」「普通塗り」に分かれます。
また、金色装飾は、「面粉仕上げ(金粉仕上げ)」と「面金仕上げ(金箔仕上げ)」がございます。

お位牌の構造

お位牌は、板位牌(いたいはい)と回出位牌(くりだしいはい)、そして過去帳入位牌(かこちょういれいはい)とに分かれます。
板位牌は、札板(ふだいた)と台座(だいざ)でできています。回出位牌は、中板を入れる函(はこ)と台座で作られていて、中には扉や屋根がついたものがあります。
また、過去帳を入れる過去帳位牌もあり、函と台座で作られています。

お位牌の大きさは

・お住まいの地域の慣習
・仏壇の大きさ
・ご先祖様のお位牌を参考に
・亡くなられた方のご年齢
以上のことを総合的に考慮して判断し、最終的には施主の供養するご意思が最も大切です。
※詳しくは、「お位牌の寸法・規格について」をご一読ください。

25巾(にーごーはば)位牌とはなにか?

5号ないし6号のお位牌の一部に25巾というサイズが設けられていて、主に夫婦二人用に使われます。
また、25巾以上のお位牌もあり、地域によっては巾の広いお位牌を好まれる場合があります。

お位牌が増えて仏壇に入りきらないのですが

たくさんの方をお祀り出来る「回出位牌(くりだしいはい)」や「過去帳入位牌」にまとめることができます。
回出位牌は、中板の一番手前の黒色の板に(例:○○家先祖代々の霊位)と彫刻をして金を入れます。
そして、白い板(黒い板の場合もあります)が八枚から十四枚程度まで入っていますので、一枚ずつにお一人様の戒名・行年(享年)・俗名・年齢等を書き入れます。

回出位牌にも入りきらない場合は

古くから続いている旧家等では、「過去帳入位牌」が使われることがあります。
回出位牌にも納まらないほどたくさんになってきますと先祖代々の仏様は過去帳にお移り頂き、そして、過去帳入位牌に納めます。
その他、大きめの先祖代々のお位牌を仏壇の中央にお祀りする方もいらっしゃいます。他にも様々なお祀りの仕方があります。

どのタイミングで回出位牌や過去帳位牌に移すのでしょうか?

一般的には、三十三回忌や五十回忌の年忌法要の際に、これまでのお位牌のお性根抜きと新しくお祀りするお位牌のお性根入れを行い移すことが多いようです。
一部の地域では新仏様に最初から回出位牌にお入りいただくことも行われています。

 | ホーム |